便秘を再発させないための4つのポイント

さて、これまでにご紹介したノウハウを実践して、便秘が改善・解消したとしても、そこで油断してはいけません。
なぜなら、今はいい状態であっても、「元々は便秘体質」だったわけですから、油断して元の生活に戻ってしまうと、便秘症状も元に戻ってしまうからです。

 

便秘を再発させないためには、便秘が改善・解消されたあとも「便秘になりにくい生活」を続けていくことが大切なんですよ。

 

便秘を再発させないために、心がけておきたい4つのポイントをご紹介しましょう。

 

理想的な食生活の継続

 

ここでは食物繊維や善玉菌の摂取を中心として、便秘解消に役立つ食生活の見直し方についてご紹介させていただきましたが、これで便秘が解消されたとしても、「もう便秘も治ったから」と、また以前の食生活に戻ってしまっては意味がありません。

 

「便秘を改善・解消する食生活」というのは、そのまま体全体の健康に繋がる食生活でもあるので、続けることのメリットは大きいですが、やめて得することは何もありません。
これからもずっと健康でいるためにも、便秘解消に役立つ食生活はぜひとも継続していきましょう。

 

規則正しい生活

 

便秘を再発させないためには、食生活の見直しを継続するだけでなく、日常生活そのものにおいても規則正しくすることが不可欠です。
なぜなら、いくら便秘対策に効果的な食品を摂取していても、日常生活のリズムが乱れて自律神経がおかしい状態だと、腸そのものの作用に大きな悪影響を与えてしまうからです。

 

自律神経を正常化するために、日常生活のリズムを整える最大のポイントは「起床時間を規則正しくすること」です。起きたらすぐにカーテンを開けて朝日の光を認識することで、交感神経が刺激されて活動モードに入り、メリハリがつきやすくなります。

 

ストレス緩和と解消

 

ストレスは自律神経を乱し、交感神経を刺激してしまうので、これが胃腸の働きを抑えてしまい、便秘を誘発する要因となってしまいます。

 

ストレスを受けない生活をする、というのは不可能に近いでしょうが、同じだけのストレス要因があったとしても、ストレスを上手く受け流せる人、発散・消化できる人は、ストレスによる自律神経の乱れもほとんどありません。

 

ストレスは、それこそお茶やコーヒー、トイレに立つなどのちょっとした気分転換だけでも多少は緩和できます。

 

また、夜は特に「排便したい朝をストレスなく爽快に迎える」という意味でも、ストレス解消をしっかりとしておきたいもの。
 

夜の飲み物は、ホットミルク・牛乳を使ったココア・ノンカフェインのハーブティーなど、リラックス系の飲み物をゆっくりと飲むといいでしょう。

 

さらに、寝る前は寝床に大の字になって、限界まで手足を伸ばすようにしてから脱力、その後深呼吸。これで一気にリラックス度が高くなるはずです。

 

運動の継続

 

こちらでは便秘解消に役立つ運動をご紹介しましたが、便秘が治ると運動もやめてしまう、という人は少なくありません。せっかく良くなった状態を保つためにも、ある程度の運動の継続は不可欠です。

 

通勤時間をウォーキングに利用したり、「ラジオ体操だけは毎日やる」など、日常生活のどこかに必ず運動を取り入れることを、忘れないようにしましょう。

さらに取り入れたい、毎日のオリゴ糖習慣

以上のように便秘の再発防止には「便秘にならない4つの生活習慣の継続」が重要になってきます。

 

これらは自分で時間を見つけたり意識をすることが大事なのですが、忙しいとどうしても運動に時間が取れなかったり不規則な生活になってしまったりしますよね。

 

そんなこんなで再び便秘に悩まされることに・・・
なんてことにならないように、毎日の食事にひとつアイテムをプラスするだけの便秘の再発予防方法があります。

 

そのアイテムというのはカイテキオリゴ
私も毎日食べていますが、このおかげで便秘に悩まされることはほぼなくなりました。
このカイテキオリゴは普通のオリゴ糖とは違い、純度が高いので便秘解消効果も高いのです。

 

また、私はずっと継続して使っていますが慣れて効かなくなるということも今のところなく、ほぼ毎日快調です。

 

味がほとんどないのでどんな料理にも取り入れやすく、スプーン1杯分だけ混ぜるだけなので続けるのはとても簡単。私は毎朝ヨーグルトやコーヒー、お味噌汁などに入れて食べています。

 

便秘の再発を防ぎたいのなら、4つの正しい生活習慣とともに、カイテキオリゴをプラスしてみてはいかがでしょうか。

 

>>カイテキオリゴの体験談はこちら<<