善玉菌優勢の腸内へ

便秘解消のためには、腸内を「善玉菌優勢」の状態にすることが大切。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見(ひよりみ)菌の3種類が存在しており、善玉菌が優勢な状態になっていれば、少々の悪玉菌がいようと何も問題はないのですが、悪玉菌が優勢になってしまうと、大変なことが起こります。

 

何が大変かと言うと、悪玉菌が優勢になると、それまでボーッと害もなく存在するだけだった日和見菌が、悪玉菌の味方についてしまい、一緒に腸内環境を荒らしてしまうのです。

 

悪玉菌と日和見菌が優勢になって腸内環境が悪化すると、当然、腸も不調になってしまうため、便秘を起こしやすくなってしまうというわけなのです。

 

では、どのようにすれば善玉菌を増やし、腸内を善玉菌優勢にさせることができるのでしょうか。ここではそれを見ていきましょう。

 

発酵食品に注目しよう

 

まず、善玉菌のひとつである乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌とがありますが、「どちらがより効率的に、生きた状態で腸まで届くか」というと、植物性乳酸菌のほうです。

 

植物性乳酸菌は、発酵食品に多く含まれています。
たとえば味噌・漬物・キムチ・甘酒・ザーサイなどが挙げられますね。

 

「日々の食事の汁物をスープではなく味噌汁にする」「漬物かキムチを夕食に出す」などといった工夫で、毎日何らかの形で植物性乳酸菌を摂取できるようにしたいものです。

 

また、最近では植物性乳酸菌配合の飲料などもスーパーやドラッグストアで手軽に買えるようになっていますので、「発酵食品を食べる機会をどうしても作りにくい」という人は、これらの商品を利用してみるのもいいでしょう。

 

動物性乳酸菌は「摂取しやすい」のがメリット

 

動物性乳酸菌は植物性乳酸菌よりも生命力が弱いのですが、それでも「摂取したほうがいいか、そうでないか」と言われれば、摂取したほうがいいに決まっています。

 

動物性乳酸菌は、チーズやヨーグルトなど、乳製品を発酵させたものに多く含まれています。
チーズもヨーグルトも、おつまみやデザートとして口にする機会が多いので、摂取しやすいというのが何よりのメリットですね。朝食にチーズかヨーグルトをいただく、というのを習慣にしてみるといいでしょう。

 

ちなみにヨーグルトを食べる場合、無糖のヨーグルトにドライフルーツのレーズンを入れて一晩置き、レーズンの甘みを利用して食べるのがおすすめです。
レーズンは食物繊維が豊富なので、その点でも便秘解消効果が期待できるというわけです。

 

オリゴ糖・クエン酸の助けを借りよう

 

ビフィズス菌は乳酸菌の一種ですが、これは乳酸菌の中でも特に腸内環境改善に役立つ善玉菌として知られていますよね。

 

このビフィズス菌の効果を大いにサポートしてくれる存在がオリゴ糖とクエン酸です。これらがビフィズス菌の栄養源となることで、ビフィズス菌が元気に増加できるというメリットがあるんですよ。

 

オリゴ糖は、市販でオリゴ糖そのものを買うのもいいですし、果物ならバナナを選ぶといいでしょう。クエン酸はリンゴやイチゴ・お酢・レモン果汁等に多く含まれています。

 

先ほど「ヨーグルトにはレーズンを入れる」というのをおすすめしましたが、これとあわせて、ミキサーを使って、バナナとオリゴ糖・リンゴなどを入れたミックスジュースを作って飲むのが理想的ですね。

 

なお、ヨーグルトのビフィズス菌は、動物性乳酸菌の一種なので、普通のヨーグルトで摂取しても、腸に届くまでに死んでしまうことも多いです。ですからせっかくヨーグルトでビフィズス菌摂取をするのなら、ビフィズス菌が生きたまま腸に届くタイプのヨーグルト」を選んだほうがいい、というのは言うまでもありません。

 

赤ちゃんも食べられる純度の高いオススメのオリゴ糖

便秘に悩まれている方なら、一度は市販のオリゴ糖シロップを試したこともあるのではないでしょうか。しかし砂糖の代わりをするだけで、便秘解消効果を実感できなかったという人もいるでしょう。

 

それもそのはず、シロップタイプのオリゴ糖は甘味料としての役割が強く、純度はさほど高くないのです。

食事にオリゴ糖を取り入れるのであれば、純度の高いものを使用しましょう。
カイテキオリゴは粉末状で甘みの少ないオリゴ糖なので、どんな料理にも合わせられます。また、純度がほぼ100%のオリゴ糖なので便秘解消効果もかなり期待できますよ。
赤ちゃんも妊婦さんも食べられる安全品質なので、家族で使えるのもうれしいですね。

 

>>カイテキオリゴの体験談はこちら<<