ダイエットが便秘を招く?

ダイエット中の女性は、便秘で悩むケースが多い、というのをご存知でしょうか。
たとえ元々は普通の便通があった人でも、ダイエットを始めてしばらくたつと、便秘になってしまうことは少なくありません。
なぜダイエットが便秘の原因になってしまうのか、その理由についてご説明しましょう。

 

 

 

極端な食事制限ダイエットと便秘の関係

便秘になりやすいダイエットの代表格が、食事の量を極端に減らす食事制限ダイエットです。

 

特に近年では「低カロリーの食事置き換え型ダイエット食品」などもたくさん出回っており、「朝食だけ普通に食べて、昼と夜は食事置き換えのドリンクのみ」などというやり方をする人も多いのですが・・・

 

こうしたダイエットをしていると、どうしても「便の元となる食事の絶対量が少なすぎる」という状態になります。体内で作られる便が少なければ、なかなか出てこないのは当たり前ですね。

 

さらに、食事置き換え型ダイエット食品の多くは、ビタミンやミネラルについてはバランスを考慮しているものの、食物繊維やたんぱく質などが圧倒的に不足しているものが多いのです。食事置き換え型ダイエット食品だけに頼らず、食べ物からこうした不足しがちな栄養素を補うようにしたほうがいいでしょう。

 

極端な「油抜き」も便秘の原因!?

「食事制限そのものはそれほど厳しくしていないけど、もっともカロリーの高い脂肪だけは摂らないようにしています」など、摂取カロリーを抑えるために徹底した油抜きのダイエットをする人がいますが、これもおすすめできません。

 

なぜかというと、油は食べ物の消化をする際、スムーズに通る潤滑油にもなるので、これがあまりにも不足していると便そのものがカサカサになり、スムーズに腸を通過していくことが難しくなってしまうんですよ。

 

脂肪摂取を減らすにしても、1日に大さじ2杯程度の脂肪を摂取する「油控えめダイエット」までにとどめておきましょう。

ダイエット茶やサプリの成分にご注意!

気軽にできるダイエットといえば「ダイエット茶やサプリの利用」が挙げられますが、これはよく成分を見ておく必要があります。

 

特に注意したいのは、「センナ」という成分が入っていないかどうか、ということ。
このセンナは下剤にも使われる成分ですので、あまり長期間摂取し続けていると、腸そのものの機能を低下させてしまう恐れがあります。

 

また、「ダイエット効果が高い」と評判の海外製ダイエットサプリを個人輸入する人もいますが、これは、「中国のダイエットサプリで死者が出た」というニュースがあったように、きわめてハイリスクな側面があります。「日本では考えられないほどに危険な成分が配合されている可能性がある」ということを考えると、絶対にやめたほうがいいですね。

ダイエットが便秘の原因になるって本当!?関連ページ

生活の変化
便秘の原因を知るためにも、今よりも便秘の人が少なかった昔の生活に注目してみましょう。
今と昔の変化した点がわかると、便秘の原因が見えてくるかもしれません。