便秘のタイプ別 4つの対策法

便秘のタイプは、おなかがポコッと出たり膨満感がある「おなかポッコリタイプ」
やっと出たと思った便が非常に硬い、という「便カチカチタイプ」
便を出したいと思うのになかなか出せない、という「排便困難タイプ」
そして、便秘どころか便意そのものが来ない、という「便意ナシタイプ」の4タイプがあります。

 

これらのタイプ別の便秘対策法を、ご紹介していきましょう。

 

おなかポッコリタイプの便秘対策法

 

おなかポッコリ型というのは、「もっとも典型的で一般的なタイプの便秘」とも言えますから、
食生活の見直しと適度な運動をすることによって、その悩みの多くは改善・解消することが可能です。

 

食物繊維や乳酸菌など、腸内環境を整えるのに役立つ成分が多く含まれた食品の摂取を心がけることはもちろん大切ですが、その他にもウォーキングなどの運動をしたり、腸の活動を促進するためのマッサージなどを併用すると効果的です。

 

また、ガスが溜まっておなかが張っている場合はペパーミントティーなど、「メントール」の成分が含まれたものを飲むのがおすすめです。
メントールはガスの排出に役立つということで、医師がガスで膨らんだおなかを抑えるために、メントールを高配合した湿布を処方することがあるくらいですから、かなりの効果が期待できますよ。

 

便カチカチタイプの便秘対策法

 

便カチカチタイプの便秘は、まず、「便の水分が不足している」ということが大いに考えられるので、
水分補給をしっかりとするよう、心がけましょう。 

 

さらに、オリーブオイルなどオレイン酸が含まれた油は、便の潤滑油となるだけでなく、便そのものをやわらかくする効果も期待できますので、これも摂取してみましょう。

 

また、ダイエット中でこの症状がある人は「食事の絶対量が少ない」というのも、カチカチ便の大きな原因と考えられますので、あまり極端な食事制限をしているのなら今すぐやめることが大切です。

 

これらの対策に加えて、おなかポッコリタイプの便秘対策法として紹介した基本的な便秘対策を実践していくといいでしょう。

 

排便困難タイプの便秘対策法

 

排便困難タイプの便秘は高齢者に多いのですが、加齢による腸機能の低下そのものは、残念ながら避けようがありません。

 

このタイプの人の便秘対策法は、おなかポッコリタイプの便秘対策法と同じ、基本的な便秘対策を実践しながら、もうひとつは「無理に排便しようと頑張らない」という気持ちを持つことが大切になってきます

 

「便意があるのに出ないから、思いきりいきんでみる」ということを繰り返していると、肛門がうっ血して炎症を起こしたり、痔などのさらなるトラブルを発生させる可能性もありますからね。

 

「便意が起こってしばらくトイレに座っていても出なければあきらめる」
「また次の便意が来たらもう一度トイレに座って出るのを待ってみる」という感じでゆったりと構えたほうが、腸が下手に緊張状態になることもなく、最終的にはすっきり排便しやすくなるのです。

 

また「無理にいきまず、便意に任せる」というやり方を続けていれば、そのうち「本当に排便できるレベルの便意」というのがだんだん自覚できるようになってきます。

 

便意ナシタイプの便秘対策法

 

便意ナシタイプは、もっともやっかいなタイプの便秘。長く下剤に依存していた人がこのタイプに当てはまりやすく、腸の機能は通常とは比較にならないほどに低下しています。

 

便意ナシタイプの便秘を改善するためには、食生活や生活習慣の見直し、腸の活動を促進するマッサージなど、自分で努力する部分もありますが、それ「だけ」ではこのタイプの便秘の悩みを解決するのは困難です。

 

この場合は医師の診断を受けて、排便力をつけるための薬を処方してもらうなどといった本格的な治療を併用することが、悩み解消のための何よりの近道です。

スルッと爽快を目指せる便秘解消オリゴ糖

いずれの便秘タイプも、理想の便秘解消方法は力まず自然に排便ができることだと思います。
それでしたらなおさら便秘薬や下剤に頼ることはNGです。
それぞれのタイプ別にあった解消法をコツコツ実践していくことが大事です。
もしそれでも効果が現れないようだったら、オリゴ糖を食事に使用して腸内環境の正常化を図りましょう。
オリゴ糖は純度の高いカイテキオリゴがおすすめ。味が薄いのでどんな料理にも使えるし便利ですよ。
どうしても便秘が解消しないときは、最後の手段として使用してみてはいかがでしょうか。

 

>>カイテキオリゴの詳細はこちら<<