下剤の怖さを知っていますか?

便秘になるとついつい頼りたくなってしまうのが下剤。
自分ではなかなか出せなかった便が、下剤を飲むとちゃんと出てくる・・・その安心感のためからか、一度下剤を使うと手放せなくなる人も少なくありません。

 

しかし、下剤に頼った便秘対策を続けると、最後には大変なことになる可能性があるということをご存知でしょうか?

 

下剤は腸を弱らせる!

 

下剤を飲むと出てくるのは、便だけではありません。なぜかというと下剤は「強制的に腸の中のものをすべて出し切ってしまう」というものなので、下剤を飲んでの排便は、腸内細菌も便とともに出してしまうものなのです。

 

ということは・・・そう、乳酸菌を代表とする「腸内に居るべき善玉菌」まで、出してしまうということなんですよ。

 

こうした状態になると腸内が荒れてしまうことは避けられません。さらに下剤の服用を続ければ続けるほど腸内の荒れもひどくなり、最終的には「もはや自力で排便する力すらない」という状態になってしまうこともあるのです。

 

さらに、善玉菌が居なくなり荒れた腸は、排便力がなくなるというだけでなく、免疫力も低下してしまいます。免疫力の低下で感染症や胃腸炎になってしまうケースもありますので、下剤依存は「絶対にやめるべき便秘対策」というわけです。

 

チェックしてみよう!あなたは下剤依存症?

 

さて、「便秘の時は下剤を使う」と言っても、ごくたまに使う程度ならそれほど問題はありません。まずいのは、下剤にすっかり依存してしまっている「下剤依存症」の人です。

 

というわけであなたがどこまで下剤に依存しているのか、ここでチェックしてみましょう。

 

  • 下剤を1年以上、連日服用している。
  • 下剤の連日服用はしていないが、いざ下剤を飲む時は、1回に飲む量を多くしている。
  • 下剤を服用しないときちんと排便できない。

 

この中でひとつでも当てはまる項目があれば、あなたは軽度の下剤依存症である可能性が高いです。

 

さらに「毎日、常用量より多い下剤を服用し続けている」「便意が感じられない」「複数の下剤を連日服用している」など、上記のチェック項目よりもさらに下剤に頼った生活をしている場合は、中度または重度の下剤依存症と考えられます。

 

下剤依存症は自力で治せるのか?

 

さて、下剤依存症の人がそれを自力で治せるかというと、かなり難しいと言わざるを得ません。なぜなら、たとえ軽度であっても、「下剤依存症の人の腸は本来の力をほとんど失っている」という、他の便秘の人には見られない大きな問題を抱えているからです。

 

だからこそ医師に腸の状態をしっかりと診てもらい、腸の機能を回復させるために「適切な投薬等を受けながら、食生活や生活習慣の改善をしていく」という2本柱の対策が必要となるケースが多いのです。

 

腸内洗浄にもご注意!

 

下剤とはちょっと違いますが、便秘解消の手段としては「腸内洗浄を利用する」という人も居ると思います。自宅でできる腸内洗浄のためのキットは、誰でも手軽に買えますからね。
腸内洗浄をする人の多くは「下剤じゃないから、腸内を洗うだけだから安全でしょう」と思っているようですが、実はそれが問題。

 

なぜなら、腸内洗浄も下剤と同様に、腸内細菌まで洗い流してしまうので、実は腸への負担はかなり大きいのです。繰り返すと腸が荒れ、排便力を低下させてしまうという点では、下剤とさほどリスクは変わりません。

 

しかも、腸内洗浄のためのノズルを挿入する際に、肛門や腸の粘膜を傷つけてしまい、痔や感染症を招いてしまうことも。最悪の場合「ノズルで腸に穴を開けてしまう」というリスクさえあるのです。
どうしても腸内洗浄をしたいなら、確かな腕を持つ医師にやってもらいましょう。

 

もちろん、たとえ医師にやってもらうにしても、「腸内洗浄はどうしようもない便秘になった時の非常手段」であり、頻繁にやっていいものではないということは、しっかりと認識しておきましょう。

下剤や腸内洗浄に頼らない便秘解消方法!

このように、下剤や腸内洗浄での便秘解消はリスクが高く「即効性があるからやっちゃおう」と安易に手を出してはいけないものなのです。
やはり便秘は、そこまで悪い状態になってしまう前に、自然に排便できるように手を打つことが大事です。
そのためにはやはり腸の状態を活性化させることが重要

食事にオリゴ糖や食物繊維を取り入れ、腸内環境を正常化させて一刻も早い便秘解消を図りましょう。

 

オリゴ糖は純度の高いカイテキオリゴがベスト。
私もこれにいつもお世話になって便秘とは縁のない生活を送れています。

 

とにかく、下剤や腸内洗浄に頼ることになる前にいち早く対策を練りましょう!

 

>>カイテキオリゴの体験談はこちら<<